2005年12月29日

日中友好の為に駐上海領事館事件は水に流さなければならない

日中友好の為に駐上海領事館事件は水に流さなければならない(明報)
ぶっ飛んだ論説を展開する明報の「中国評論」コーナー。論説員、秦勝がまたぶっ飛んでいます。駐上海領事館事件などどこの国でも行っているようなことであり、このようなことを一つ一つとり上げれば良好な外交関係など結べない。日本も日清戦争時に清国の情報をどんどん得ようと諜報活動していた。日中友好の為にこの件は水に流さなければならない。日本の第二次大戦の蛮行も賠償できないではないか。いちいち気にしていては、日中友好など絵空事になる。
いや〜、よくもぬけぬけと言えるものですね。途中、日本の対中感情が悪化している点を取り上げていたり、日中関係が悪化していることに対する危機感が如実に表れていて面白い。以前は「日本が中国を嫌うなら戦争するかい?1億人ぐらい死んでも中国の人口は10億人以上だ。日本は何人生き残るのだ。ワーハッハッ!」なーんて狂ったような論説を掲載していたのにね。

日本抗議するも中共中央は無反応(明報)

警察の横暴を上訴しに行くも北京の警察にも暴行される(明報)
河北省の某村での警察の横暴を上訴しに北京へ行くも滞在先のホテルに北京警察が乗り込み、一歩も外へ出ることが許されず、さらに殴って脅される。
もーめちゃくちゃですね。
posted by 情報の蟲 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

駐上海領事館員事件で秦剛副報道官を取り囲む日本の記者たち

秦剛を取り囲む日本の記者たち(明報)
例の上海領事館員自殺事件の件で定例記者会見で2度も質問するも同じ答弁で満足できず、記者会見終了後、日本の記者たちが秦剛に詰め寄り取り囲んだ模様。

同(中央日報)
台湾でも報道されている。当時の駐上海領事杉本信行氏の「現地政府及び中共政府との関係は良好である」という東京帰還時のコメントを紹介している。

重慶で5千億元の偽領収証を摘発(新華社)
新しく赴任した次世代のホープ、汪洋市長ががんばっているのかな。

胡錦涛と香港行政区長官が会見(新華社)
香港の民主は、”ゆっくりと”前進させなければならない。

郭飛雄釈放される(明報)
広東省太石村の民主化要求運動で9月13日に身柄を拘束され10月4日に正式に逮捕された郭飛雄弁護士が12月27日に釈放されていたことが分かった。彼のほかに拘束されていた村民十数名も全員釈放された模様。

盧武鉉、農民デモ鎮圧で死者を出したことを陳謝す(新華社)
頭を下げる盧武鉉やデモの大きな写真を含む4ページに渡る大記事。これって、新華社記者たちによる広東省汕尾市の虐殺事件での当局の処置に対する抗議なのか、中央主導による広東省に対する揺さぶりなのか。(エセ)民主国家韓国でもデモをすれば鎮圧され死者がでるのだよという国民向けなのか。よくわらかない記事。

【農民デモ】警察庁長の進退問題、大統領の真意は?(朝鮮日報)
上記新華社の報じた事件の韓国内の記事。
新華社の扱いが不自然なほど大きい。

中国の都市の9割の地下水が汚染されている(香港文匯報)
国家環境保護総局が、中国の都市の地下水の汚染は深刻で実に9割の都市の地下水が汚染されていると発表した。

広東省で数千人が食中毒(香港文匯報)
原因は、電子工場のお昼ご飯に出たインゲン豆。

進む日本の軍拡(新華社)
('A`)

日本の右翼は歴史を正視しない(新華社)
('A`)

「南京大虐殺資料集」全28巻完成(中国青年報)
('A`)
posted by 情報の蟲 at 21:37| Comment(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

上海・領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書

上海・領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書(読売新聞)
中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、総領事館内で自殺していたことが分かった。
外務省は館員が死亡したことは認めているが、「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。
複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。
自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。
要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に利用する航空便名――などだったといい、男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。
遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。
(2005年12月27日3時6分 読売新聞)

「脅迫あれば対応」上海・領事館員自殺で官房・官(読売新聞)
安倍官房長官は27日午前の閣議後の記者会見で、在上海日本総領事館の男性館員が中国側から情報提供を強要されて自殺したとされる問題について、「館員が死亡したことは事実だが、遺族の強い意向でコメントは控える」と述べた。
安倍長官は同時に、「一般論として、接受国は領事の身体の自由、尊厳に対するいかなる侵害も防止するため、適当な措置を取ることが期待されている。脅迫や不正な圧力はあってはならず、発生する場合には、相手国への抗議を含め、適切な対応を取る」と語った。
(2005年12月27日13時27分 読売新聞)

中国外交部は否定(明報)
中国外交部の定例記者会見で、この件の質問を日本の記者が2度行ったが2度とも「この問題に関しては、既に処理されており(解決しており)、日本のメディアの言い分には根袖がない」との回答。
日本の出方を探っている雰囲気ですね。

中国内ではこの件は内緒です(外交部)
明報にあるようなやり取りを行った外交部定例記者会見ですが、削除されています。中国内では内緒です。
それより、記者会見で中国側の「日中関係が悪いのは全部日本のせい」という言い分を具体的に説明してくれって突っ込んだ質問がなされている。「いっぱいありすぎて言えないよー」みたいに軽く交わされているけど、日本の記者も怒り心頭なのか、それとも朝日系が言質を取って小泉さん批判に使う為に質問したのかな
「具体的な事例を挙げよ」と執拗に質問した記者は、台湾の中央社の記者でした(明報)。この中国外交部の定例記者会見、ノーカットで掲載するサイトはないのかね。なかなか面白いぞ。

台湾外交部、陳唐山が中国脅威論(博訊網)
中国の脅威は仮想ではなく存実に存尊する。

日本の右翼メディアが中国感情悪化に一役かっている(新華社)
よく言うよなー。でも、ただでさえ中共に賊慮している日本のマスコミが遠慮することになりそうで恐ろしい。

松花孫、北孫汚染事件の責任をとり環境保護総局長が辞職(中国青年報)
国家環境保護総局長の解振華の辞職願いが許可された。

外交部、日本と国連改革で一致(新華社)
ふむー。外交部の記者会見では「日本の要求に応じて開催した」と言ってますなー。
posted by 情報の蟲 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

カドミウム垂れ流したけど、処分は停職だけ

韶関の工場長を停職処分(新華社)
同(明報)
カドミウムを北江に垂れ流したとして韶関は工場長を停職処分とした。損害額は、1億元を上回るらしい。つーか、停職処分ってごっつい軽ないか?そして、15日に既に基準値の10倍のカドミウムが沿岸部で検出されていたのに、処分が遅すぎる。さすが中国。さすが大諸侯広東。

死亡者528人を出した6鉱山事故で222人を処分(明報)
去年11月から今年の8月までに起こった大規模鉱山事故6件で、官吏105人、炭坑責任者117人を処分し、内96人を起訴したと国家安全総局が発表した。その中には、2人の副省級高官を含む28人の県長、市長、副省長がいる。
今年の8月以降も大きな炭坑事故が相次いでいるし、どんどん処分していきましょう!

炭坑投資官吏4878人(中国青年報)
役人の投資による闇炭坑を減らすべく努力中。

日本の軍事費は減少したが、だまされてはいけない。まだまだ警戒が必要(新華社)
日本は借金だらけで首が回らず仕方なく4年連続軍事費を減少させているが、これは無駄な部分(戦闘に関係のない部分)を削除しているにすぎず、自衛隊のハイテクと長距離攻撃能力は高く、外国侵略の危険性が高い。
へー、そうなんだー。

中共によるアメ(明報)
西部地区の義務教育費を全額免除。再来年には中部、東部まで拡大予定。飴、アメ。

日本政府、日中留学生事業などに100億円の予算を計上(新華社)
1984年に胡耀邦が提唱した3000人の留学生の話にも少し触れている。個々最近、新華社では珍しく雰囲気の違う記事。
posted by 情報の蟲 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

続報4:広東省汕尾市武装警官VS武装村民(外交部発言)

中国外交部:汕尾東洲事件を天安門事件と同列に扱うな!(中央社)
中国外交部の定例記者会見で秦報道官が、「東洲事件を89年に発生したあの事件と同列に論じることに賛成しない」と応えた。また事件自体については、報道されている以上の情報はないと応えている。
当然のように外交部新華社に出ていた定例記者会見の記事では、上記該当部分は削除されている。

天安門事件と同一でない 中国政府、広東省の衝突で(産経新聞)
中国外務省の秦剛副報道局長は13日の定例会見で、広東省汕尾市で起きた住民と警察の衝突事件について、1989年の天安門事件とは「同一視できない」と述べた。
同事件で国営新華社通信は、警官隊の発砲で住民3人が死亡と報道。中国の民主派作家らは、民主化運動を武力弾圧した天安門事件に似ていると指摘していた。
副報道局長は汕尾の事件について「具体的状況を把握していない」と詳細な説明を避けた。一方で、天安門事件については「既に結論が出ている」とし、政府の対応が正しかったとの見解を強調した。(共同)
(12/13 19:08)



9人の村人を拘束(明報)
汕尾事件で多数の村人を扇動したなどの容疑で9人の村人が拘束された。一方、弾圧した側は「監督不行き届き」で汕尾市公安局副局長の呉ひとりだけが逮捕されている。

同(中廣新聞網)

12月7日に発生した唐山炭坑爆発事故で7人の責任者が逮捕(明報)
山西、河北、内モンゴル、遼寧、河南、江西、貴州、陝西の8つの石炭を生産する重点の省・区で国務院は、安全監督の為の組織を立ち上げた。
そういえば、この事故以来、事故の報がないね。隠蔽か?

posted by 情報の蟲 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

続報3:広東省汕尾市武装警官VS村民(映像アリ)

汕尾市虐殺事件(映像):遺族ら、遺体引き取りを懇願(大紀元)
村民が遺体の引き取りを村を封鎖している武装警官隊に懇願している映像を見ることが出来る。この映像を見る限り、新華社が報じているように死者3人などというには嘘であると思わざるを得ない。それにしても封鎖されている村内に村民はいるのだろうか?いるのならばどのような状況なのだろうか?

中国政府公式発表:死者3人けが人8人(新華社)
事件後4日が経過して初めて中国国内で報じられた。記事の表題には「広東省汕尾紅海湾開発地区で重大な違法事件発生」とある。3人の不届きな輩によって村民が扇動され、警官隊や発電所を襲撃しようと企んだ為に”仕方なく”発砲したが、当時あたりは薄暗く誤って村民に命中してしまったという内容。あくまで悪いのは村民側。汕尾市当局は、事件解明の為にすばやく「12.6事件調査処理工作」を発足させた。
( ´,_ゝ`)プッ

広東省、汕尾市当局を切り捨てる(明報)
12月10日の国際人権デーを前に、このような事件を起こした汕尾市当局に対して広東省書記である張徳江は大いに怒っており、発砲鎮圧のことなど全く知らされていなかったとのこと。汕尾市検察機関は、当時現場指揮官であった人物を既に拘束したと発表している。
現場の指揮官の権限で発砲するなどありえないだろ。トカゲの尻尾切りです。しかも超先っぽだけ。

事件直後(?)呉邦国が広東に滞在(新華社)
事件直後の8日〜11日までの間、呉邦国が広東省を視察の為訪れており、9日には深センで中央省庁の部級官吏35人と共に経済会議を開いている。また、全日程に広東省書記ら、広東省の幹部が付いて回っていた模様。明報の記事によると、呉邦国の広東省入りは9日に数日前とあり、また山荘に篭っていたとある。怪しい・・・。

この事件は権力闘争かもしれない(博訊网)
広東省書記である張徳江は、中央政治局委員を兼任しており、彼に対する処分が行われるどうかで中央の影響力を測るリトマス紙となる。

博訊网による汕尾事件の特集ページ
8月からがんばっている村民をずっと追っていた博訊网。

山東省で女性10人以上の連続殺人事件発生(明報)
村の井戸の中から2体の女性の遺体を発見。その他、地中に埋められたものなど次々と発見。10人以上の連続誘拐殺害事件として11月13日に4人の容疑者を拘束しているが、事件の詳細を公安は発表していない。被害者の女性達は、売春婦とみられる。

同(聯合新聞網)

ドイツ人記者、中国で河川汚染の取材中、拘束される(大紀元)
posted by 情報の蟲 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

続報2:広東省汕尾市武装警官VS村民(写真アリ)

(博訊网:写真アリ)
遺族が遺体確認をしようと現場に近づくも、武装警官が封鎖していて近づけない。

天安門事件の悪夢再び(博訊网)
村民3人が指名手配され、既に逮捕されたとの情報アリ。村への電話は、固定、携帯電話も全て切断され、全く連絡が取れない状態。

汕尾市政府役人曰く「当局は数ヶ月にわたり我慢してきた」(明報)
posted by 情報の蟲 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

続報:広東省汕尾市武装警官VS村民

広東省公安庁は現地に捜査官を派遣(明報)
村の出入り口を武装警官が封鎖しており、記者の入村と村民が村外へ出ることを厳しく監視している。道路に数体の遺体がそのまま放置されているが、遺族達は確認しに行く勇気がない。
武装警察が銃弾を発射した経緯として以下の3つがあげられている。
・武装警察と村民が対峙していたときに、村民側が手製の手榴弾を警官に投げ込み警官側に3人の死者が出、仕方なく反撃。
・村民が手製の手榴弾で汕尾発電所を爆破しようとし、それを阻止する為に警官隊が発砲。
・武装警察が自主的に鎮圧に出た。

続報・汕尾市虐殺事件:射殺された農民70人以上、虐殺の隠ぺいを謀る当局(大紀元)
posted by 情報の蟲 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

広東省汕尾市で土地買収が紛糾し武装警察と抗議村民が衝突、少なくとも2人死亡

広東省汕尾市で土地買収が紛糾し武装警察と抗議村民が衝突、少なくとも2人死亡(BBC)

同(明報)
村民8人死亡。

外交部:広東の事件は知らない。公安部に聞け(明報)
外交部や新華社の定例記者会見の記事では、このやり取りはバッサリカット。

死者は19人(RFA)

中国の吉林市副市長が自殺か・松花江汚染の調査直前(日経新聞)
【香港=共同】7日付中国系香港紙、大公報によると、中国吉林省吉林市の化学工場爆発で松花江が汚染された問題で、同市の環境対策などを担当する王偉・副市長(43)が6日、自宅で死亡しているのが見つかった。自殺の可能性があり、市当局者は7日、香港の有線テレビに「死因を調べている」と語った。
国務院(政府)の調査チームが7日から現地で調査を始める予定だったという。
爆発をめぐっては、地元当局が河川への汚染物質流出を直後から把握しながら隠したため、被害が拡大したとの批判が強まっている。 (22:00)


松花江汚染事件隠蔽と叱責されていた吉林市副市長死亡(中央社)
同(明報)

黒龍江省:責任を持って安全政策を行う(新華社)
posted by 情報の蟲 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

河川汚染拡大 対中感情悪化 露、阻止に躍起 当局「非難サイト」一時閉鎖

河川汚染拡大 対中感情悪化 露、阻止に躍起 当局「非難サイト」一時閉鎖(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/morning/02int003.htm
【モスクワ=内藤泰朗】中国吉林省の石油化学工場爆発事故による汚染拡大問題で、中国と国境を接するロシア極東では、環境汚染に無頓着な中国に対する反発が強まっている。露当局は、反中的な書き込みがあるロシアのインターネットサイトを一時閉鎖するなど、反中感情の高揚に神経をとがらせている。汚染問題は図らずも複雑な中露関係をあぶり出した。
露極東の中心都市、ハバロフスクでは一日、有毒汚染物質が国境のアムール川を通じて上流部の中国から到達するまで秒読み段階に入り、河川の水質チェックや活性炭を使った特別の浄水体制構築など、「Xデー」に向けた準備を加速させた。
そうした中、同市からの報道によると、インターネットサイト、「私たちの街ハバロフスク」や「ハバロフスク・ドット・ルー」などのフォーラムやチャットでは、対中非難などが急増。露極東の中国人社会への侮蔑(ぶべつ)発言や、流入した中国人の追放を呼びかける内容の書き込みも目立ったことから、当局はこれらのサイトを一時閉鎖した。
市報道関係者によると、当局はこのほか、同市での反中デモや集会などが広く住民らに伝わり反感が高まらないよう報道規制を敷いている。
中国の領事館や在留ビジネスマンは反中感情の高まりを警戒して警備を強化。対岸の中国側からは、公式の謝罪がロシア側に伝えられたほか、汚染浄化のための活性炭なども無償で運び込み、いち早く補償問題の協議にも応じる姿勢を示しており、事故を契機にしたさらなる対中感情悪化の阻止に躍起となっている。
現地ではもともと、急成長で有毒汚水を川に流してきた中国や極東経済を取り仕切り始めた中国人への反感は強かった。来春には、中露国境画定で中国側に領土を引き渡すことも決まっている。
ロシアの日刊紙、独立新聞は「中国から流れ着く有害物質は、極東の民族対立を引き起こす起爆剤になる危険を秘めている」と警告している。


松花江汚染事件:中露住民感情悪化を引き起こす(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051201/43/2ld0a.html
ロシアのハバロフスクの住民の中国に対する感情が悪化している。「中国は吉林で化学兵器を製造している」、「松花江に化学兵器ミサイルを撃ち込んだ」などというデマが飛んでいる模様。ハバロフスクを脱出する為に航空券が買いにくい状況にあるとも記している。ロシア紙のは、中国の官僚腐敗と資源不足、環境問題への問題意識の低さ、パートナーであるロシアに対する情報隠蔽など厳しく非難している。

ハルピンの水質汚染浄化には数年を要する(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051201/43/2leex.html

江蘇省の化学製品工場が爆発:死傷者なし(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051201/12/1j7fk.html
同(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051202/43/2lhkk.html
posted by 情報の蟲 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

松花江水質汚染事件続報

温家宝「情報を速やかに提供し適切な処置を施す」(新華社)
http://news.xinhuanet.com/politics/2005-11/26/content_3840086.htm

温家宝7つの提言を行う(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051126/12/1j1dj.html
上の新華社の記事にもあるが、短くまとめられている。曰く「情報伝達を強化する」と。

ところがやっぱり情報統制に入った模様(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051126/12/1j1dk.html
内陸の報道機関には「独自に取材を禁じ、続報は新華社の記事のみとする」という通達が出ているようです。ハルピン市による記者会見が開かれたようですが、新華社以外の記者の入場が断られ、質問も一切受けつかなかったようです。
当初、当局が情報隠蔽に走った様子を記述している。

上記処置に対して明報が社説で批判
http://hk.news.yahoo.com/051126/12/1j1ds.html
「今更何を隠すことがあるのか!」と。

26日にメディアに撤退を要求(東森新聞報)
http://tw.news.yahoo.com/051127/195/2ksvb.html
以後、続報は新華社のみというお決まりの処置。

ハルピン在住のドイツ人の日記(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/pubvp/2005/11/200511270125.shtml
当初の混乱ぶりと当局への不信感が記されている。

湖南冷水江市でも化学工場爆発に伴う断水が行われる(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051127/43/2kt2t.html
25日の夜明け方0時〜昼ごろ12時から断水が始まっている。えらい断水開始の時間に幅があるのは、ご愛嬌。

ハルピン在住の方のブログ
老師のハルビン日本語教師生活・続「一炊の夢」

27日午後6時よりハルピン市で給水再開(新華社)
http://news.xinhuanet.com/politics/2005-11/27/content_3842532.htm
http://news.xinhuanet.com/photo/2005-11/27/content_3842228.htm
同(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051127/12/1j1w8.html
同(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051127/43/2kucg.html

ハルピン、給水が再開されたもののしばらくは飲料は慎重に(中廣新聞網)
http://tw.news.yahoo.com/051127/4/2kthh.html
同(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/11/200511271926.shtml
上記の新華社の記事ないでは、おっちゃんが思いっきり水を飲んでいる写真が掲載されている・・・。

黒龍江省長、当初の情報隠蔽を認める(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051127/12/1j1wz.html
posted by 情報の蟲 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

広東肇慶市の小学校で集団嘔吐

広東肇慶市の小学校で集団嘔吐(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051126/12/1j16j.html

関連記事
広東で水質汚染が原因で7名が入院

松花江水質汚染事件での中国の対応を国連が賞賛(新華社)
http://news.xinhuanet.com/world/2005-11/26/content_3839833.htm
香港などの一部マスコミやネット上でSARSやブタ連鎖球菌の時と同様の隠蔽体質に対する非難の声に対する答えなのでしょう。白々しい記事です。

国連支援提案に返答なし 松花江汚染で中ロ (共同通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/world/story.html?q=26kyodo2005112601000374

【ニューヨーク25日共同】国連は25日、中国東北部を流れる松花江が化学工場の爆発で汚染された問題で、環境への影響調査など国際支援を中国とロシアに申し入れたものの、同日現在、返答が寄せられていないと発表した。
この問題では、汚染状況に関する情報開示が遅れたとして、中国国内でも批判が出ている。国連は中国などに対する直接的な批判は避けながらも、深刻な環境汚染に発展しかねない事故での対応の鈍さにいら立ちを示した形だ。
国連によると、国連環境計画(UNEP)と国連緊急援助調整官室(OCHA)が13日の爆発事故を受けて、両機関の合同チーム派遣を中ロ両国に打診した。
Infoseekニュース「国連支援提案に返答なし 松花江汚染で中ロ (共同通信)
posted by 情報の蟲 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

吉林化学工場爆発事故

80年代から水質汚染が進んでおり”水俣病”の危険性がある(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051124/12/1izir.html

暴露!吉林市衛星局員「以前から汚染物資を流していた」(中国青年報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/25/content_96758.htm

吉林化学工場は以前から汚染物資を流していたことを否定する(中国青年報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/25/content_96763.htm

今回の事故の対処から地方政府の対応を眺めてみる(中国青年報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/25/content_96778.htm

来週にも汚染水がロシアに到達する(聯合新聞網)
http://tw.news.yahoo.com/051125/15/2kkrx.html
ロシア国会は、弁償金100万ドル以上、汚染に対する全ての責任を中国側に要求するように議決する。中共外交部の劉建は、定例記者会見で「ロシアとホットラインを開設しロシア側の情報開示要求に全て答える。既に2度ロシア側に情報を提供している」発表した。また、中共衛生部は、ロシア側に到達する頃には、「ニトロベンゼンの汚染濃度は薄くなる」と発表している。

吉林化学工場が被る賠償金は天文学的数字に(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051125/43/2klgy.html

ハルピンの松花江両岸1キロ以内の立入りを制限(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051125/45/2kjza.html

ロシア、ハバロフスクは非常事態宣言(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/11/200511251734.shtml
posted by 情報の蟲 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

重慶で化学工場爆発6000人が避難

重慶で化学工場爆発6000人が避難(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051124/12/1izgi.html
同(新華社:写真アリ)
http://news.xinhuanet.com/politics/2005-11/24/content_3830638.htm
吉林と同じく爆発によりベンゼンが漏れ出し汚染が広がることが予想される。爆発の原因については現在調査中。

国家環境保護総局、吉林の化学工場爆発に伴う水質汚染は「重大な環境汚染事件である」(新華社)
http://news.xinhuanet.com/politics/2005-11/24/content_3830205.htm

松花江水質汚染特集ページ(新華社)
http://www.xinhuanet.com/society/zt051124/

パニックハルピン(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051123/12/1iy74.html
北京行きの航空券が売り切れ、明日の分もファーストクラス以外は全て売り切れ。また、地震が起こるとのデマも未だに飛んでいるようで、ハルピンの混乱ぶりが伺える。

「現地からの情報によると、大きな混乱は伝えられていない」(朝日新聞)
http://www.asahi.com/international/update/1123/008.html

中国黒竜江省ハルビン市で水源である松花江の水質汚染の恐れから水道水の供給が停止されたことを受け、中国政府は24日、汚染水流が水源近くに到達したと発表した。また外務省の劉建超(リウ・チエンチャオ)副報道局長は24日、同省に隣接し、松花江の下流が流れるロシアに汚染状況を通達したことを明らかにした。
現地からの情報によると、大きな混乱は伝えられていない。
朝日新聞「汚染水流、水源近くに到着 中国・ハルビン
posted by 情報の蟲 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不穏な満州(吉林化学工場爆発事故(事件?))

ハルピンでの断水、最低で4日、地震のデマも飛び交いパニック(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051122/12/1ix0d.html

ハルピン住人が飛行機などで脱出(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051123/12/1ixv6.html
同(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/11/200511240325.shtml
空港や駅は、ハルピンを脱出する人で溢れている。

BBC、松花江から基準値の108倍のベンゼンを検出(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/11/200511232234.shtml

700トンの活性炭で汚染水を浄化する(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051123/12/1iy58.html
24日には到着する見込み。断水4日どころじゃなさそうだ。だから脱出なのか。納得。

松花江の汚染はそれほどひどくない!(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051123/12/1ixq6.html
化学工場の爆発により松花江にベンゼンが流れ込み汚染されたが、すばやく適切な処理を行った為に、その汚染の度合いは低い。

黒竜江省衛生庁、1日2回水質チェックをしている(中国青年報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/23/content_95313.htm

爆発で水源が汚染されることなどありえない(博訊網)
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/11/200511232320.shtml
吉林省委員会宣伝部によると松花江は、数年来水質汚染が指摘され続けており、工場爆発により念のため断水を行ったに過ぎないと発表した。また、今回の爆発のより、より汚染が拡大するようなことはありえないとも発表した。

いや?!なんだかおかしいだろ。

市民はこうやって水を溜めています(新華社)
http://news.xinhuanet.com/forum/2005-11/23/content_3824290.htm

水を買い求める市民(新華社)
http://news.xinhuanet.com/politics/2005-11/23/content_3823629.htm
私が中国にいる時は、写真に写っているミネラルウォーターもヤバイという噂があったなぁ〜。

広東番禺のスーパーマーケットで爆発物発見(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051123/12/1ixpa.html
posted by 情報の蟲 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ハルピンで水質汚染の為4日間断水

吉林の化学工業での爆発事故の影響で水質汚染が進みハルピンで4日間断水(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051122/12/1iwf7.html
http://hk.news.yahoo.com/051122/12/1iwjv.html
緊急処置として井戸使用を開始した。

同(中国青年報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/22/content_94958.htm
レジに並んで買い求める人たちの写真が掲載されているのだけど、よく見ると皆スプライトを買っているんだけど・・・。どういうこっちゃ??
同(新華社)
http://news.xinhuanet.com/society/2005-11/22/content_3815177.htm
いや、給水車とかないのか??

市が責任をもって水を供給すると宣言(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051122/12/1iwmu.html
しっかり宣伝しないと軽い暴動ぐらい起きそう(祈)。

ハルピンで「地震が来るぞ!」とデマが飛ぶ(明報)
http://zqb.cyol.com/gb/zqb/2005-11/22/content_94958.htm
広がれ(祈)。
posted by 情報の蟲 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

広東で水質汚染が原因で7名が入院

広東で水質汚染が原因で7名が入院(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051120/12/1iuo9.html
広東英独市で水源性汚染中毒のより34名が腹痛や嘔吐などを繰り返し、内7名が入院した。鉱山などからのよる排出汚染が原因とみられる。
posted by 情報の蟲 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「不正情報」発信で51万台の携帯電話が停止させられる

1ヶ月で「不正情報」発信で51万件の携帯電話番号が停止させられる(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051117/12/1is6y.html
今月から携帯電話で「不正情報」を発信した場合に、電話を止められる処置がとられるようになった。「不正情報」の対象は、「銀行詐称(振り込め詐欺)」・「淫靡な情報」・「不法な銃・弾薬・爆発物販売」・「売春買春などを含む偽婚姻斡旋」・「公共の秩序を乱す不法行為」がその対象。
これらを監督していることと監督できる技術力に驚く。

広東・香港・マカオでマフィア1800人を逮捕(中央社)
http://tw.news.yahoo.com/051118/43/2jowf.html
マフィア組織「冬日」を捜索し多数逮捕する。

甘粛記者協会の主席が誘拐、殺害される(明報)
http://hk.news.yahoo.com/051117/12/1is6x.html
金品を狙った強盗事件と断定される。
posted by 情報の蟲 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。