2006年02月03日

台湾独立への1歩を踏み出すのか?

陳水扁「四つの不変」を破棄す(明報)
総統選挙時の公約違反とうこと。早速、馬英九ら藍派が非難声明を出している。

反国家分裂法は伊達ではないぞ(明報)
基地外論説員、秦勝のお言葉。

この出来事に対する新華社の反応記事
事実と馬英九の公約違反であるとする非難声明を紹介するのみで特に論評していない。

台湾は文革をしているのか?(明報)
基地外論説員、秦勝のお言葉。しかし、馬英九の支持高騰に対して焦りを感じて場当たり的に陳水扁が政治を行っているようには見える。

陳水扁、台湾の国連加盟を目指す(人民网)
新京報の転載記事。事実関係以上の言及はない。

四面楚歌の陳水扁(人民网)
新華社の転載記事。批判されていると記している。中共にとって都合の悪いことは、全て批判されていると伝えるので実際台湾でどのぐらい批判的に受け止められているのかわからない。靖国参拝しかり。

国民党「国家統一委員会廃止は独立への第一歩だ」
国民党による陳水扁批判。

日本も一つの中国を支持している(新華社)

麻生台湾発言について(新華社)
同(新華社)

陳水扁発言に猛反発(人民网)
「陳水扁は、アジア太平洋地域の厄介者だ!」
反発までの微妙な時差と反発の大きさがちと気になる。

2月9日:胡四点によって台湾問題に対処する(外交部)
江八点キャンペーンをあれだけやっていたのだけど、外交部は胡四点にしか触れなかった。
posted by 情報の蟲 at 23:55 | TrackBack(0) | 台湾問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。