2006年08月12日

『江沢民出訪記録』出版

7月30日に江沢民の外交をまとめた『江沢民出訪記録』が出版された。外交部が全面的にバックアップし資料を提供し、序文は現外交部長である李肇星が寄せている。出版式典も外交部主催で派手に行っていた。
しかし、「公式著書」ではない。外交部傘下の出版社から出版されてはいるが「公式」ではない。また、重版は出版前から禁じられていたりする。著書の内容よりこの事実の方が重要であると思われる。
また、8月10日には『江沢民文選』が出版されたが、こちらは中共中央が編纂した「公式著書」。格の違いが人民日報などの扱いの違いからもわかる。
前者は発売初日に1面に掲載されたが扱いは小さかったが、後者は1面トップで写真入り。3日目になっても1面を飾っている。
江沢民派、上海閥、反胡錦涛の反攻なのかどうかはもう少し様子を見る必要がある。
『江沢民出訪記録』と『江沢民文選』の格の違いも気になるところ。


7月29日:『明報』7月30日発売の『江沢民出訪記録』の再販が禁止される
http://hk.news.yahoo.com/060728/12/1qmyu.html
7月29日:『香港文匯報』7月30日発売の『江沢民出訪記録』は江沢民の素晴らしい外交成果を集めた著書
http://www.wenweipo.com/news.phtml?news_id=CH0607290018&cat=002CH
7月29日:『人民日報』テレビドキュメンタリー「中国外交官紀実」の製作発表が行われ外交部副部長・李金章が出席す。来年1月放送予定。(外交部のプロパガンダドラマで胡錦涛派なのか江沢民派なのかわからん)
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2006-07/29/content_9872601.htm
7月29日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(1)』江沢民の初めての北朝鮮訪問。それに先立つこと4ヶ月前に金日成が訪中し北京駅まで讃・燭・亰泙┐襪箸いΠ枸磴旅堝阿魑・海稽氷イ蔽翊・愀犬鬟▲圈璽襪靴拭」
http://www.cnhubei.com/200607/ca1122560.htm
7月30日:『星島日報』唐家センと銭其シンをはじめ中央や軍関係者ら400人以上を集め『江沢民出訪記録』出版記念行事が挙行された
http://hk.news.yahoo.com/060730/60/1qo7x.html
7月30日:『新華社』同上、発行記念式は外交部副部長・戴秉国が主宰す
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/30/content_4894868.htm
7月30日:『人民网』新華社の記事の転載といえ端折っていて簡潔な記事
http://politics.people.com.cn/GB/1026/4647372.html
7月30日:『外交部』
http://www.fmprc.gov.cn/chn/zxxx/t265398.htm
7月30日:『中国新聞網』式典と本の写真アリ。上記外交部の記事と同じ。
http://www.chinanews.com.cn/other/news/2006/07-30/766183.shtml
7月30日:『蕃薯藤新聞』新華社などの記事以上の情報はないが江沢民の外交をやたらと誉めそやしている
http://news.yam.com/cna/china/200607/20060730112560.html
7月30日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(2)』江沢民の訪朝時の話。非常に良好な関係を築き、韓国との貿易もスムーズに開拓し金日成だけでなく金正日とも良好な関係を結んだ。
http://www.cnhubei.com/200607/ca1123088.htm
7月30日:『大公報』特別目を引く情報はない
http://www.takungpao.com/news/06/07/30/ZM-600773.htm
7月30日:『新華社』そのとき胡錦涛は・・・、7月28日〜29日まで河北省唐山を視察して科学的発展観の重要性を述べる。30年前の唐山大地震の慰安をかねている。
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2006-07/30/content_4895791.htm
7月31日『人民日報』第1面(第1面に掲載されたが胡錦涛による唐山視察に押されて扱いは小さい。ところがこの唐山視察は28-29日に行われたもの。ところが昨日の人民日報には掲載されておらず江沢民の記事を追いやるために今日にぶつけてきたのではなどと穿ってしまう)
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2006-07/31/node_17.htm
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2006-07/31/content_9900995.htm
7月31日『人民日報』第7面(李肇星による序文を掲載、讃・刃・・鮗・鰻僂い盛沼・泳嶄�ヒ
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2006-07/31/node_11.htm
http://paper.people.com.cn/rmrb/html/2006-07/31/content_9901459.htm
7月31日『新華社』も李調整の序文を掲載
http://www.yn.xinhuanet.com/info/2006-07/31/content_7654037_1.htm
7月31日『北京青年報』
http://bjyouth.ynet.com/article.jsp?oid=11264170
『北京青年報』のPDFファイル(扱いは1面でもないしそれほど大きくはないねぇ)
http://bjyouth.ynet.com/attachment.db?11264539
7月31日『解放軍報』第1面に掲載
http://www.chinamil.com.cn/site1/xwpdxw/2006-07/31/content_540874.htm
7月31日『光華日報』香港返還式典の一幕を引用している。それによると式典でイギリス側は23時59分59秒に英国国歌演奏が終了するスケジュールを要求したが、それでは0時丁度に中国国歌の演奏を始めることができない。喧々諤々があり英国国歌終了を23時59分58秒にすることに成功した。
1995年のロシアでの戦勝50周年記念式典での一幕。江沢民の演説は予定されていなかったが、エリツィンに直接ロシア語で「言いたいことがある」といいエリツィンが同意しマイクを準備させた。ロシア語しゃべれるオレかっこいい。
http://www.kwongwah.com.my/kwyp_news/news_show.asp?n=54155&rlt=1&cls=103&txt=2006/7/31/gj2006731_54155
7月31日『多維新聞』2000年6月に平壌で行われた南北首脳会談の返訪を金正日が行わないのはアメリカに共和党政権が誕生し情勢が変わったためであると江沢民に伝えていたことが記されている
http://www7.chinesenewsnet.com/gb/MainNews/Topics/cna_2006_07_31_09_02_50_156.html
7月31日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(3)』1991年5月のソ連ゴルバチョフ篇
http://www.cnhubei.com/200607/ca1123498.htm
7月31日:『VOA』の今回の出版劇に対する分析。江沢民の開放的であるという性格に起因する点が多いが、十七大前に出版したことに多少の胡散臭さを感じる。外交の場での奔放な江沢民と生真面目で型にはまっている胡錦涛の落差は大きい。江沢民は発展を胡錦涛は安定を求める。現在噴出している貧富の差の拡大など経済失政の責任を押し付けられることを江沢民は恐れている。昨今の黄菊ら江沢民派に対する逆風は胡錦涛がそれを目論んでいるひとつの証左となりえる。上海を死守するための抵抗の可能性が高い。
http://www.voanews.com/chinese/w2006-07-31-voa33.cfm
8月1日『香港文匯報』エリツィンやパレスチナの話。そして1993年のAPEC非公式首脳会談でのクリントンとの一幕。江沢民は英語がわかったがクリントンは中国語がわからない。クリントン曰く「損だ!」。英語のわかる江沢民はカッコイイ!
http://www.wenweipo.com/news.phtml?news_id=CH0608010022&cat=002CH
8月1日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(4)』1991年5月のソ連ゴルバチョフ篇2
http://www.cnhubei.com/200607/ca1124579.htm
8月2日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(5)』ソ連でソ連人唯一の抗日パイロットと一緒に中国国歌を歌う
http://www.cnhubei.com/200607/ca1125373.htm
8月3日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(6)』1989年の天安門から海部の訪中、1992年の江沢民訪日まで
http://www.cnhubei.com/200607/ca1125373.htm
8月4日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(7)』宮沢との会談で天皇皇后の訪中を要請、江沢民、銭其シン、温家宝らが田中角栄を見舞う。4月8日には6人の元首相、福田赳夫、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登、宇野宗佑、海部俊樹らと朝食を取る。
http://www.cnhubei.com/200608/ca1127226.htm
8月5日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(8)』米中関係が低調となるなかクリントン政権が誕生す
http://www.cnhubei.com/200608/ca1128280.htm
8月6日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(9)』米中関係の雪解け
http://www.cnhubei.com/200608/ca1128985.htm
8月7日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(10)』中国がアメリカの最恵国待遇に
http://www.cnhubei.com/200608/ca1129581.htm
8月8日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(11)』グローバル化世界への船出
http://www.cnhubei.com/200608/ca1130376.htm
8月9日:『楚天都市報』(湖北省の地方紙)連載『江沢民出訪記録(12)』訪米
http://www.cnhubei.com/200608/ca1131556.htm
8月9日『読売新聞』三笠宮さまが日中戦争「謝罪」、江主席外遊録に記述
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060809i114.htm
8月11日『香港文匯報』同上。本を読めば書いてあるか書いていないのかわかるのにわざわざ「日本メディアの報道によると・・」で始まる珍妙な記事だったりします。
http://www.wenweipo.com/news.phtml?cat=001YO&news_id=YO0608110011
ラベル:中国 江沢民
posted by 情報の蟲 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。